MENU

車買取で高く売るコツ

買い取り業者さんから聞いた話です。

買い取り業者さんから聞いた話で、新車で購入した時の話になります。
新車、または新古車で購入して乗って貰えればベスト、売る時にはワンオーナーと言う事になります。
そして購入の際は、金額も高くなりますが、出来るだけ上のグレードの車を購入した方が良いと聞きました。そしてフォグランプ、バイザー(出来ればワイドバイザー)、フロアマット、カーナビゲーション、アルミホイール、後部座席側のスピーカー等、標準装備されていなければ、オプションで装着しておいた方が良いと聞きました。
そして、社外のパーツに替えたとしても売る時には、買った時の状態に戻す事、つまり純正品にしておく事。
更には、禁煙は当たり前になっているそうです。
今時流行らないみたいですが、出来れば土足厳禁で乗っていた方が、社内の汚れ方が全然違うそうです。
売る時の事を考えて、大事に扱う事。
車検は、残ってた方が良いのですが、残りが3カ月~6カ月あれば買い取り業者さん側は、喜ぶそうです。
1つ1つの評価は小さいのですが、車全体で見た時の査定は、全然変わってくるそうです。
ハリアーの買取のボディーカラーについて

 

 

車買取を高値で狙うためには

車買取を高値で目指したい時には査定前に、出来るだけ車を綺麗な状態にしておくことが大切なので、消臭スプレーや消臭グッズなどで室内のニオイ対策をこなしておいたり、ハンディークリーナーを利用したり、マットはきちんと汚れを落とすなどし、なるべく車内を清掃しておくと安心です。
煙草の香りやペットの毛などの汚れはマイナス査定に繋がる恐れもありますし、なるべく室内を掃除しておくに越したことはありません。
また、車買取に向けて、車体の整備書や説明書、スペアキーなどの純正パーツはきちんと揃えておくと安心です。
お車をカスタマイズされており、オプションを楽しまれているといった場合でも、純正品や純正の部品は用意しておくことが大切です。
元々付いていた、デッキ類や、純正アルミ、マフラーなども途中で変えてたりしたら、元々付いていた物はどんな物でも一応取っておいた方が査定アップに繋がる場合がありますので、純正パーツはありますと伝えた方がプラスになる場合があります。
相手はプロですし、修理歴や事故歴などは聞かれてしまった時には、素直に嘘をつかずに話した方が安心です。
事故車歴など、隠してその場ではわからなかった場合でも、後からわかってしまい、買取の減額やキャンセルなどもありますので、自分でわかっている範囲の事は素直に答えましょう。
査定の直前にはきちんと洗車を済ませておいたり、室内に積んでいる荷物はあらかじめ下ろしておくなどすると好印象でおすすめです。

このページの先頭へ