MENU

車の下取りと買取の違いとは?

一見、不要になった車を手放す手段としては同じように思える車の下取りと買取ですが、実際の所、この両者には大きな違いがあります。
まず、下取りとは、新たに車を購入する際に不要になった車と交換する事を指し、その際、下取り額だけで足らなかった分のお金を支払うと言った形になっています。
例えば、200万円の車を購入した際、下取り額が100万円だった場合、現金として支払う額は、残りの100万円と言う事になります。また、下取り額の方が多かった場合は、その分は、現金として受け取る事ができ、1円も現金を支払う事なく車を購入する事が可能になっています。
反対に買取の場合は、車を売却すると言う事になり、その車を手放す事で、現金を手にすることができる仕組みになっています。この場合、新たに車を購入する場合は、そのお金を利用し購入する事になり、また、不要な場合は、そのまま売却した収入として得る事ができる仕組みになっています。
このように、両者には明確な違いがあり、それを理解した上で選択する必要があるのです。

 

一括査定利用者の声

買取会社によって意外と価格にばらつきがあります

新車への買い替えの時に、ディーラーで提示された価格が妥当かを確かめるため、一括査定を利用しました。
ホームページに入力すると、数分のうちに、電話がきて、そのスピードに驚きです。
1社目の会社の電話が終わると、続けて次の会社からの電話があり、そんな感じで3社の査定額を聞くことができました。どの会社もディーラーの提示よりかなり高くて、この時点でディーラーで売却することは、やめにしました。
 電話でることができなかった会社からは、メールで査定額が届いていたので、すべての会社の査定額を確認して、そのうち高い金額を提示してくれた3社に車を持っていき、きっちりとした査定額を聞きました。その中で、一番高いところで売ることにしたのですが、結局ディーラーの査定額より数十万円も高くで売ることができました。
 その時に、買取会社の営業の方に聞いたのですが、その時期・タイミングによって、提示できる査定額は違うとのことです。その車を欲しいお客様がいるときは、利益が薄くても高めの額を提示することがあるそうです。だから、どこか特定の会社がいつも必ず高い額になるわけではないようなので、車を売る時は、何社かの会社に査定をして貰わないと損になるそうです。
飛び込みで何社かの買取会社を回るのは大変なので、次に車を売る時も、一括査定を利用しようと思いました。

このページの先頭へ