MENU

中古車を下取り査定に出して最高値で売却して新車の購入予算を節約しよう

中古車を処分して新車を購入する場合です。早い話が車の買い換えなのですが、この場合はいろいろな方法があります。
昔ながらの下取り以外にも買取をしてもらって現金を手にしてそれで他の業者で車を購入することも最近では当たり前になっているのです。
もっとも、簡単なのは下取りでしょう。
一昔前までは買取よりも下取りのほうが得になることが多かったのです。そしてなによりも効率がいいことが一番でしょう。なにしろ一つのディーラーで車の買取をしてもらってそのまま新車購入ができるのですから、これほど楽なことはないのです。メリットが他にもあって、納車まで期間があるような人気車の場合でも納車まで現在乗っている車を乗り続けることができます。また、納車までの間に車検が来た場合は車を預けて代車を借りて納車まで待つこともできます。
このようなサービスは下取りをしてくれるディーラーならではでしょう。ですから、査定金額以上の恩恵を受けることになるのです。
もっとも少しでも高い査定を勝ち取りたい場合は買取専門の業者に依頼することになりますが、下取りをしてもらえるディーラーのワンストップシステムも捨てがたいのです。
下取りと買取の場合どちらが得かというのは最終的には新車を購入するまで、あるいは購入した後の満足度で計るしかないのかもしれません。
下取り査定のほうが最近では買取査定に劣ると言われています。しかしトータルで見た場合はそうとも限らないのです。というのも、ディーラーの下取り査定の場合は査定表に則っているので、びっくりするような高査定になることは少ないです。ここからみるとやはり下取りは損をすると思われがちですが、ここからがディーラーの腕の見せ所で新車価格の割引きなどでお得感を演出してくれます。これは買取をして新たに新車だけを購入する場合とは明らかに割引きの額が違ってくるのです。ここまできてトータルで判断すると両者の比較もトントンになるかもしれません。
買取の場合は時価相場の買取り価格になることもあってタイミングがよければかなりの高額査定を得ることができるでしょう。しかし、それが次の日には下落しているかもしれません。相場は常にうつろうものですから、しっかりと安定した査定を勝ち取るのはディーラーのほうがいいということになります。
最高値ということではないのかもしれませんが、下取り査定もトータルで判断すれば満足度もより上がるということですね。

このページの先頭へ